書いておいて言うのもアレですけど、あまり、おススメできません。

あ。
いわゆる「尿酸値を自宅で検査できるキット」ってヤツのことです。

尿酸値の尿酸、という言葉に“尿”という語句が含まれているので、
もしかしたら、尿検査によって尿酸値を測るのではないか、
と考えている方もおられるかもしれませんが、そうじゃありません。

尿酸値は「血液検査」によって測定します。
血中尿酸濃度、すなわち、血液中にどれくらいの量の尿酸があるのか、
という検査なんです。

尿の測定は、尿がアルカリか酸性か、ということであって、
これはこれで意味のある検査ではあります。

痛風体質の人は、尿も酸性に偏りガチで、
尿酸をたくさん尿といっしょに排泄したいのに、
尿に溶けにくくなっています。
あ。
尿酸は酸性の尿だと、あまり溶けなくて、
弱アルカリ性の尿の方がよく溶けるのですよ。

ですので、できるだけ(尿酸値を少しでも下げるため)
弱アルカリ性の尿にしたいのですが、検査によって、
酸性なのかアルカリなのか、どの程度なのかという、目安には なります。
でも、尿酸値は尿で測定するワケではありません。

で、尿酸値の検査なのですが・・

やっぱり、病院に行くべきですよ。
近所の病院で いいから。

私は内科に行きましたが(近所に内科しかなかったので)、
外科でも整形外科でも検査はしてくれます。
痛風外来という専門の病院もあるらしいのですが、
通院できる距離にある人は、そこへいくのがベストなのかもしれません。

で。
病院に行く暇もない人。
もしくは、病院が大嫌い・・・っていうか、行くのが怖い人。

いや、でもね。
行くのが怖いってのは、すごく気持ちわかります。

検査キットを検索してみたら、
痛風だけじゃなくて、胃がん・肺癌・性病・エイズ・・・
たくさんの自宅検査キットがあるじゃないですか。

もしかしたら、自分が、そういう病気かもしれない、
と思い当たる節があったら、あるいは何らかの自覚症状があったら。
これは・・もう、病院に行くのは足が震えますよ。
だから、気持ちはわかります。
すごく良くわかります。

でもね。
自宅で検査・・っていっても、
結局は採血した検査物を医療機関に郵送するのですよ。
結果として、診断してくれるのは病院ってことです。

その、検査キットにもよりますが、
尿酸値だけではなく、肝機能や腎機能、糖尿になっていないかどうか、
なども診断してくれます。

本当は、ねえ・・
病院にいって、検査結果を医師の先生が見比べながら、
がつ~ん、と言ってもらったほうが自分のためのような気もするんですけどね。

ちなみに、検査直前にビタミンCを摂取すると、
尿酸値が少し低めな数値になる、という裏技がありますが、
そんなことをしても、まったく無意味なので、しないほうがいいと思います。
rap2.gif

病院に検査に行く暇もない人は、どうぞ▼↓




[ スポンサードリンク ]





┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
『痛風に負けない。薬は飲まない。』
→ http:// gout.blog.so-net.ne.jp/














 カテゴリ

 タグ