なんとか、少しでも尿酸値を下げたいのですが、
痛風改善というか、コーヒーが尿酸値を下げる効果があるそうです。

どこかの研究チームが実証したらしいのですが、
これにはオチがあって、
一日に6杯以上、コーヒーを飲まないと効果が望めないとか。

6杯ですか!?

そりゃ、痛風発作を予防できるならば、なんだってします・・
と言いたいところでは ありますが。

珈琲は 好きですが、だからといって、とても一日に6杯も
飲めやしません。
大きなマグカップでは無理なので、小さなデミタスカップで
6杯なら、だめ?
そういう問題じゃない?
やっぱり?

意外なことに、この尿酸値を下げるであろう成分は、
カフェインじゃないそうです。
「クロロゲン酸」というポリフェノールが有効、ということなのですが、
これは 今まで何度も記事に書いたので、今回は その話はパス。

あと、珈琲には利尿作用があるので、
じゃんじゃんコーヒーを飲んで、じゃんじゃん尿を出せ、
ということでしょうか。

6杯も飲め!
・・ということから考えても、なんか関連ありそうですね。

尿酸は尿に溶けて、一緒に排泄されますからね。
尿酸値改善のためには、少しでも多く尿酸を体外に排泄したいものです。

それから、カフェインですが、
このカフェインには新陳代謝を高めて、さらに体脂肪を減らす働きがあるのです。

う~ん。
と、いうことは?

カフェインを多く含むコーヒーをたくさん飲むと、
内臓脂肪も減らせられる、ということでしょうか??

痛風改善は肥満解消と大きく関係していて、
内臓脂肪、つまり、お腹まわりにデップリと肉のついている人は、
これを一大決心して減らすだけで、尿酸値をテキメンに下げることができます。

そういう私も一大決心、しなくちゃ!

その内臓脂肪を減らす働きに、コーヒーが一役買ってくれる、ということでしょうか。

それにしても、一日6杯は、ねえ?

ひょっとして、これって、コーヒー屋の陰謀では ないのですかね???

え?

ちがう?
rap2.gif


[ スポンサードリンク ]





┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
『痛風に負けない。薬は飲まない。』
→ http:// gout.blog.so-net.ne.jp/














 カテゴリ

 タグ