スルメは、プリン体の含有量が多く、たくさん食べると尿酸値が上がる、
とか 言いますが・・・

う~ん。
そんなに気にしなくても、いいんじゃないでしょうか。
するめを食べたら、次の日には 痛風発作が出るわけでも ないですし。

そりゃあ、痛風体質の人ならば、
なるべくプリン体の多い食品は避けた方が良いでしょうけど、
そんなこと言ってたら、だんだん食べるものが なくなってきますしね。

プリン体は、たしかに尿酸の原料となりますが、
体内で生成される尿酸は80パーセント、食品からの尿酸が20パーセントなんです。
圧倒的に、体内で作り出される尿酸の方が多いのですね。

たしかに、20年ほど前の痛風改善法といえば、
プリン体を含有している食品をとにかく、食べないように、減らすように!
その一点張りでした。
でも、この頃は、あまり そういうことは 言われないでしょう?
だんだん、時代ととも、痛風対策の主流のようなものも変化してきているのです。

ですので・・
スルメを食べたら、即、尿酸値が上がるわけでもないですし、まあ・・
いいのではないですかね?

ああ!
するめ大好きなのにっ!
スルメ食べたら、痛風 出るから、食べられないっ!
ウッキ~~ッ!!

・・・と、なる必要は ないです。
かえって、その、食べられないこと自体がストレスになってしまったりしてね。

むしろ、スルメといえば、ビールが思い浮かびます。
スルメよりも、ビールの方が尿酸値を上げてしまいます。
ビールに「プリン体が多い少ない」の問題ではなく、
体内にアルコール飲料が入ってきて、肝臓が分解するときに
尿酸がたくさん生成されてしまうのです。

じゃあ・・ビール、やめろって言うの?

それは、もう・・人それぞれです。
自分が決めれば いいことです。

私の父親は、人生の最後の方は、病気になってしまって、
大好きなビールも お酒もタバコも全部、止めざるを得なくなってしまいました。
で・・。
果たして、それで幸せだったのか?
人生の時間には、誰しも限りがあるので、
最後まで、好きなようにさせてあげたほうが良かったのではないか?

今となっては考えても仕方がないことですが、
価値観というのは、人それぞれなんです。

尿酸値は上がってしまうのは嫌だけど、ビールは やめたくない。

ちょっと虫がいいようにも思いますが、
少々、尿酸値があがっても、まあ、ビールがそんなに好きならば
(少しなら) 飲めばいいんじゃないか、と思います。

そのかわり、帳尻あわせじゃないですが、他の何かを我慢するとか。
肉・魚を食べるのを減らす、とか。
海藻・野菜をたっぷり食べる、とか。
毎日、有酸素運動(歩く、など)をする、とか。

でも、本当は尿酸値を本気で下げるつもりなら、ビールは
やめたほうがいいんですけどね。

おっと、スルメの話でしたね。
いつのまにか、ビールのハナシになってしまいましたが。
rap3.gif



[ スポンサードリンク ]





┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
『痛風に負けない。薬は飲まない。』
→ http:// gout.blog.so-net.ne.jp/














 カテゴリ

 タグ