ロキソニンというのは、消炎鎮痛薬。
つまり、痛み止めの薬ですね。

痛風発作の激痛を抑えるだけでなく、
関節炎、腰痛、歯痛など、幅広く消炎・鎮痛剤として
使用されています。

日本で一番、使用されている痛み止めの薬なんだ、とか。
さて、このロキソニン。

数年前までは、医療用医薬品、つまり、
病院へ行って医師の処方箋をもらわないと入手できない薬でした。

ですが、近年。
どういうわけだか、市販薬としての販売が認められるようになり、
普通の薬局とかでも販売されています。



ただね。
この、ロキソニンという薬は「第1類医薬品」なのですよ。

つまり・・
薬剤師が在留する薬局やドラッグストアでないと購入できない、
ということになっています。


相談なしに購入して、勝手に
バンバン飲まれちゃ困る、ということでしょうか??

説明書があるのだから、そんなことないと思いますけどね。



痛風発作の場合、激痛ですから、あまりの痛さに、
定められた用量以上の薬剤をバカ飲みする人がいても
不思議じゃありません。

痛みが消えるまで、飲み続けたり、とかね。
(薬の副作用で、胃がヤラれますので、やっちゃダメ)


だから、まあ、事前に薬剤師の先生に
釘を刺してもらおう、ってことですかね?




痛風 痛み止め ロキソニン60mg




ところが。

それがイヤな人も世の中には、いるようです。


ええと、つまり・・
薬局で、薬剤師と対面してゴチャゴチャ言われるのが
うっとおしい、ってことですかね?

スーパーやコンビニで、店員さんと口を利かずに
購入するのが普通、という人なら、
そんな人もいるかも。


そんな人のために、ありがたいことに
ネット通販でロキソニンを購入することができます。


ちなみに、ロキソニンには
「ロキソプロフェン錠」という、
後発薬(ジェネリック)もあります。

ジェネリック医薬品だけあって、
価格的には少し、お安い感じですね。



痛風発作の場合、発作の激痛は、
いつ やってくるかわかりません。

足などが腫れあがってからでは、
薬局に買いにも行けないので、
万が一のために、常備しておくのも一つの手です。


▼↓ロキソニンS【第1類医薬品】 詳細は コチラ↓



▼↓エキセドリンLOX【第1類医薬品】詳細は コチラ↓



▼↓ロキソプロフェン錠「クニヒロ」【第1類医薬品】詳細は コチラ↓





[ スポンサードリンク ]





┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
『痛風に負けない。薬は飲まない。』
→ http:// gout.blog.so-net.ne.jp/