個人差というか、人によるかもしれませんが、
春になると「腰痛」になる人が多い、と聞いたことがあります。


これは、なぜ?
腰痛には、いろいろな要因があり、単に、急に重いモノを持って
ギックリ腰に似た症状が起こる場合もあれば、
内臓からの原因で、腰痛が起る場合もあります。


『春になると、筋肉が緩む』

・・・のですよ。


キンニクが ユルム?


人間の体というものは、いつも同じなようで、
春・夏・秋・冬と状態が循環していきます。

ほら、春になったら、花粉症になりやすいとか、
冬になったら風邪をひきやすいとか。
夏場になったらバテるとか(痛風の人には無縁)。

そのときどきの、気候・気温などの外界の状況に
影響を受けて、自分の体調にも変化が出てきます。



あ、そうそう。
さっきの痛風の人は夏バテに無縁、というのは、
痛風になりやすい体質というものがあって、
そういう人は生まれつき、胃腸が丈夫で
胃腸が高性能というか、吸収力が常人より優れた、
いわゆる、高吸収体質だから。

そういう人って、
少し食べただけでも、全部、体内で
エネルギーに変換できてしまう。

他の人なら、少ししか栄養分を吸収できなくても、
高吸収体質なら、同じものを同じだけ食べても、
全然、吸収するチカラが違うのです。


こういう人は夏が来たからといって、
食事が喉を通らなくなって、痩せこけたりしませんが、
逆に、いくら食べても平気なので、
ついつい食べ過ぎてしまい、しかも、
全部吸収してしまう、頑丈な胃腸のせいで
痛風にもなりやすい、という、
ありがたいのか、ありがたくないのか、
よくわからない体質であります。


もっとも、高吸収体質が嫌だ、といっても、
これは生まれつきの遺伝ですので、
どうにもなりませんが。


高吸収体質ってのは、(痛風になりやすいので)
「痛風体質」と言われることもあります。


痛風になる人、尿酸値の高い「高尿酸血症」の人は、
たいてい、この体質です。




っていうか、筋肉が緩む話は
どうなったんですかね?


春は、(冬は縮んでいるというか、その反動で)
筋肉が緩むだけでなく、
肝臓に変調を起こしやすい季節でもあります。


肝臓というのは、体の内面、内臓ですが、
体の外面の器官としては、目や皮膚と密接な関係があります。

つまり、
なんとなく、春になると、
目がコロコロするなあ・・とか。

なんか、よくわかんないけど、
体が痒いなあ・・・とか。

もしかしたら、肝臓が不調、もしくは
肝機能が低下しているのかも。



肝臓といえば、ビールなどのアルコール飲料の飲み過ぎで
不調になる、とかいうのはよく知られています。

アルコールの分解だけでなく、肝臓は体内の化学工場ですから、
解毒を担当します。

まあ、アルコールも体にとっては、“毒扱い”されている、
ってところでしょうか。


あと、体内の老廃物の処理をしたり、
脳に血液を送り込んだり、尿酸も生成するし、
その働きは多岐にわたります。


肝機能が低下する、ということは、
その働きが落ちる、ということです。


肝臓は大切です。
とても大切です。



痛風の薬として、
40年ぶりの新薬として有名なのが、
フェブリク(フェブキソスタット)ですが・・

副作用が非常に少ない、という触れ込みなのですが、
実際に服用すると、肝機能が低下した、
という話はよく聞きます。

従来の薬に比べて、副作用が非常に少ない、という
ことなのでしょう。


だったら、フェブリク錠は飲むべきでないのか、
というと、尿酸値を下げる効果に関しては絶大ですし、
飲み始めの頃は ともかくとして、痛風発作から解放されたり、
大きなメリットがあります。

でも、リスクもある、ということ。



フェブリク錠、教えてください



フェブリクを飲んだら、あんなに高かった尿酸値が
ずず~ん、と下がって、嬉しくなって、
気にしながら飲んでいたビールも、ばんばん飲んでいる人も
いるではないですか?


ただでさえ、春は歓迎会とか、宴会の多い季節ですしね。


ほれ、飲めや歌えの、大騒ぎ~
ほれほれ~


でもね。
いくらフェブリクを飲んで、尿酸値が下がったから、
といって、もしかして、肝機能も低下しているかもしれません。

肝機能が落ちているということは、
アルコールを分解するチカラも落ちている、ということ。


ビールを飲むのが、一日の仕事の終わった後の“活力”という方も
大勢おられると思うので、禁酒とかは難しいかもしれませんが、
肝臓の負担を考えると、今までよりも少し
飲む量を減らすほうがいいかも。



あとね。
関係ないようですけど、夜は 早く寝たほうがいいです。

夜ふかしすると・・っていうか、
人間の体は起きている時間、活動している時間が
長ければ長いほど、体内の老廃物も増えます。

その老廃物を処理するのは、肝臓なのです。

つまり、
夜更かしをすればするほど、肝臓にも負担がかかる、と。



人間、機械じゃありませんので、
なかなか、教科書通りの行動なんかできませんが、
できることから少しずつ、やっていくのが
自分の(肝臓の)ためだと思います。



しかし、そんなこと言ってたら、
夜勤の人なんか、どうするんでしょうかね??


それに、飲み会、
片っぱしから断っていたら、人間関係、
ひび割れそうですし。



難しいですよ、ったく。


[ スポンサードリンク ]





┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
『痛風に負けない。薬は飲まない。』
→ http:// gout.blog.so-net.ne.jp/










 カテゴリ

 タグ