会社などで、年一回とか、健康診断がある人はいいです。
尿酸値とかも、定期的に分かりますから。

尿酸値というのは、結構、変動するものなんです。

去年、数値が高かったからといって、
今年も高いとは限らない。
でも、逆に
油断していたら、もっと高くなっているのかも。
けど、前回の数値が高かったら、これはイカンと、
いろいろ手を打つでしょう。

まあ、何もしない人も多いかもしれませんが、
頭の片隅には少しは気になっているハズ。


で・・ビールの飲み過ぎの人は少し本数を減らす、とか。
運動不足の人は、日常に運動の習慣を取り入れる、とか。
寝不足の人は、毎日30分早く寝る、とか。
肉や魚ばっかり食ってる人は、野菜も食べるように心掛ける、とか。
クエン酸とかアンセリンのサプリメントを飲む、とか。
太りすぎの人は、腹回りを細くする、とか。
ストレッチして、体の血流を良くする、とか。
冷たい水を飲むのをやめて、温かい飲み物を飲む、とか。
冬でも夏でも、お腹を冷やさないようにする、とか。
水をやや多めに飲んで、トイレの回数を増やす、とか。


まあ、いろいろです。


で・・自分なりに努力と言うか、手を打った効果・成果は
出ているのか?

数値にハッキリと現れているのか?


それがね。
わからないのですよ。
検査しなきゃね。

自分の尿酸値が上がったのか、下がっているのか、
さっぱり自覚症状はないですからね。

う~ん・・いったい、どうなんだろ?


で。
近所の病院へいって、尿酸値の検査をしてもらうことになります。


ところが。
人それぞれ、みんな事情があって、仕事が忙しすぎて
病院の開いている時間に帰宅できない人もいれば、
夜勤ばかりで昼間に寝ている人もいるでしょう。

じゃあ、いつ、検査にいくの?


そんな人のために、自宅にいながら、
尿酸値検査できる「在宅型血液検査キット」のようなものが
発売されています。

自宅に居ながら・・といっても、
採血して、それを検査機関に送るのですけどね。

で、検査結果を通知してくれるというわけ。


ところがね。
この検査キット、結構、高いのですよ。
検査するだけなのにね。

う~ん・・なんで、こんなに高いんだろう、
と思っていたのですが、そうじゃないんです。


つまりね。
もともと、これくらいの費用、金額はかかっているのですよ。

ほら、病院で検査すると、
健康保険がキクでしょう。

そりゃあ、実費負担の人もいるでしょうし、
保険を使う人でも、
3割負担の人も1割負担の人もいろいろでしょうが、
大なり小なり、健康保険を使って病院に行く人が
大半じゃないかと思うのです。


病院の検査だって、本当は
それくらい費用がかかっていたのですよ。
自分の負担する金額は、少ないというだけで。

そう考えたら、尿酸値が自宅に いながら わかる検査キットは
そりゃあ、便利ですけど、
そう言われれば、価格も妥当なような気もしますが、
それにしても、
やっぱり・・・


高いなあ。



▼↓ 厚生労働省から管理医療機器として承認されたキット (DEMECAL)
デメカル


[ スポンサードリンク ]





┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
『痛風に負けない。薬は飲まない。』
→ http:// gout.blog.so-net.ne.jp/










 カテゴリ